avancer-vivre

アクセスカウンタ

zoom RSS 柏木麻希「春祭り」

<<   作成日時 : 2012/04/13 15:17  

トラックバック 0 / コメント 0

FILE#61 柏木麻希





         Maki Kashiwagi
          趣味:トンボ玉作り、パン作り、音楽鑑賞
          特技:絵本の読み語り、ピアノ



4月に入っても、寒かったり、嵐のような荒れ模様の天気が続いたりしてたんで、
いつになったら、春がくるんだろう?って思ってたんだけど、
ようやく先週の日曜日は、ぽかぽかと気持ちのいい日になりましたね

画像















私はあったかい陽気にも誘われて、岐阜の代表的な春祭り、「岐阜祭り・道三祭り」に行ってきました。

このお祭りは、岐阜市の中心部一帯で行われるんですが、
私は、普段行き慣れている柳ヶ瀬に行ってきました。
毎週二日、柳ヶ瀬商店街に行ってますが、さすがは、岐阜の代表的な春祭り
普段の何倍もの、人
一緒にでかけた連れと横に並んで歩くことができないくらいの、混雑でした。

画像













が、商店街の入り口入ったらすぐ、おいしそうな香りがしてきたので、誘われるように人混みに入っていきました。
牛串・どて・団子・・・
どれも、おいしそう
(ただ・・・この日は、香りだけ楽しみました
その奥には、こどもを飽きさせないブースを発見
子供たちにしたら、お祭りっていう響きや、美味しいものというのは魅力だけど、
人混みの中を、歩き回ってると、疲れちゃうし、飽きちゃうんですよね。
そんなこどもたちを、ひきつけていたのは、陶芸体験と、スイーツデコ体験です。
陶芸って、窯へ行って、何時間もかけて・・・っていうイメージがあったけど、町の商店街のど真ん中でできるなんてビックリでした。
やってるところを見てたら、子供でも手軽に楽しめるように、陶芸の先生がいて、手伝ってくれてました。
体験中のおこちゃまのお母さんに、声をかけたら、
「手軽に楽しめるし、出来上がりも綺麗な物ができるから、子供は大満足です。」
って、おこちゃまの写真いっぱい撮ってましたよ。

スイーツデコ体験は、本物そっくりのスイーツの形の小物を作るコーナーです。
いくつか、作品が並べてあったんだけど、本物そっくりで本当に美味しそうでした
生クリームとかいちごとかを、とってもかわいく飾ってあるので、特に女の子に大人気でしたよ。

柳ヶ瀬を一歩外に出て、通りを渡ると、美殿町商店街があります。
こちらでも、この日春祭りが行われていたので、ぶらりと立ち寄ってみました。
こちらもすごい人
でも、ちょっと柳ヶ瀬とは様子が違います。
着物を着たお客さんがいっぱいいるし、リサイクル着物屋さんや、着物の小物の出店がたくさん並んでいました。
というのは、美殿町のお祭りは、着物祭りでもあるんですね。
ぶらぶら歩いてたら、投げ売り始まったよ〜っていう声が聞こえてきたんで、急いで向かってみました。
すると、地面にしいた敷物の上に着物が山積みにしてあって、その着物の中に埋もれるようにいる店員さんが
「5枚で500円!どれでもいいよ!気にいったもん、袋に詰めて!枚数確認なんかせ〜へんから好きなようにして!」
って、叫んでるの
大阪からやってきたお店だったみたいで、集まってきたお客さんに、
「実はね、今日、息子が野球の試合でヒット打って、優勝してん!せやから、はよ帰りたいんよ!お願い!ここにある着物全部なくならな帰れないから、みんな持ってって!」
なんて話してるんです。
お客さんは、お客さんで、「そりゃ、嬉しいわな!」なんて言いながら、必死で着物の山を掘り起こして、宝探ししてるの。
何だかこの雰囲気が楽しくて、一緒に宝探ししてました

いろんな春祭りがありますよね。

久々に、ゆっくりと春祭りのにぎわいを楽しんだ一日でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

柏木麻希「春祭り」 avancer-vivre/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる