avancer-vivre

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆうの「太陽の光に誘われるよう」

<<   作成日時 : 2012/03/28 23:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FILE#46ゆう





         Yuu
          趣味/特技:食べ歩き、ロハスに生活すること!


ヨーロッパは夏時間(サマータイム)となりました。
私は再びフランスに戻っています。
パリでは、今週から一気に気温が上がり、日中は22度を超える日々が続いています。
いきなり夏がきたような感じで、今年の夏は暑くなりそうだなぁ〜と予感;
久しぶりの眩い太陽の光に誘われるように、先週末はロダン美術館へ行ってきました。

画像




ここは美術館なんですが、大きな庭園もあり、私はどちらかというと美術館内の彫刻展示を見るよりは、こちらでのんびり過ごす方が好きσ(゜ー^*)










ここの庭園は、造りそのものが美しいうえに、手入れもよく行き届いています。
そこには小さな噴水が静かな水音をたてる中、ロゼでも飲みながら、ゆったりと庭園内に配置された彫像を眺めることが出来て、室内での鑑賞とは、また違った趣があります。





画像




ここには有名な「地獄の門」「考える人」「バルザック像」などが配置されているので、庭園だけでも充分見ごたえがある











また彫刻家として有名なロダンですが、今は彼のドローイングが特別公開されていて、貴重な晩年30年間のうちに描かれた300点の作品も鑑賞することが可能



画像




ここでは、インクや水彩の小さなデッサン、数点のラヴィ、立体になったものや、ぼかしたもの・・・が鑑賞でき、60歳を過ぎても熱心に芸術表現を追求した彼の姿がみえるようです。







私はたったの1ユーロで、申し訳ないくらい充実した時間を庭で過ごし、魅力溢れる彼の水彩画とデッサンの世界まで充分に楽しんだのでした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ゆうの「太陽の光に誘われるよう」 avancer-vivre/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる