avancer-vivre

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆうの「知る人ぞ知る、隠れ家的なパブへ」

<<   作成日時 : 2012/02/28 20:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FILE#45 ゆう





         Yuu
          趣味/特技:食べ歩き、ロハスに生活すること!



2月も終わりに近づきましたが、みなさんはいかがお過ごしですか?
私は今、ロンドンにいます。

画像










こちらは2月初めまでマイナス9度という気温でしたが、中旬くらいからは穏やかな寒さで、
ひと雨ごとに寒さが和らいでいるような気がします

さて、先週末はとても良いお天気だったので、ロンドン東部金融街をぶらぶらしてきました。

画像

そこで、路地裏にひっそりと建つ、とても魅力的なパブ、「Olde Cheshire Cheese」を発見



画像




ここは創業1538年という歴史あるパブで、ロンドンで一番古いパブなんだそうです。
(日本でいうと室町時代から営業していることになります)





看板は再建1667年とあり、調べてみたらロンドンの大火事で一回焼けてしまったみたいなんですね・・・
さて店内は、うす暗く、狭く細い通路と小部屋が奥に中地下・地下・2階にいくつもあり、まるで迷路のよう
そこには年を重ねて黒光りした家具やバーカウンター、食堂があって、とても落ち着ける雰囲気となっていました
イギリスのパブは、先にお金を払って注文したものを受け取り、自分でテーブルを探して飲むというスタイルが一般的。

画像

私は一番下の階の食堂で、オーガニックビールを注文し、軽く飲むことに






そこには、このパブに通った有名人のサインが沢山あって、話題も絶えません
私が見つけた有名人は、ルーズベルト大統領や、「オリヴァー・ツイスト」(1838)や「クリスマス・キャロル」(1843)などを書いた小説家チャールズ・ディケンズ、『シャーロック・ホームズ』シリーズのアーサー・コナン・ドイルなど。
多くの有名人が愛用していた場所でもあるようです(^_^)

軽くビールを飲んで帰るつもりが、しっかりフィッシュチップとデザート(ここのレモンパイは最高に美味しかった
)まで完食し、ビールもいっぱい飲んで、気が付いたら閉店のコールが鳴っていたのでした・・・;
また来週も行くとしよう





         

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ゆうの「知る人ぞ知る、隠れ家的なパブへ」 avancer-vivre/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる