avancer-vivre

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆうの「良いのでは!?」

<<   作成日時 : 2012/01/13 11:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FILE#44 ゆう





         Yuu
          趣味/特技:食べ歩き、ロハスに生活すること!





2012年です。
遅ながら、新年明けましておめでとうございます

今年は12連休というラッキーな方々もいたようですが、
みなさんは年末年始をいかがお過ごしだったでしょうか?

私は1日中家の中にこもって、
観たかったDVDを観賞していました。

映画館へ行って最新映画を観るのも好きだけど、
私は‘70年代’や‘80年代’の映画を観るのも好きです

去年の年末に英国盤なんですが、
イエジー・スコリムフスキー監督の「Deep End」(1970)が
ついにブルーレイで発売された!ということで
思わず買って観ていました

画像


これが内容・画像・音楽と
3拍子良かったので、
ちょっとご紹介を




内容としてはとても簡単で、15歳の少年マイクが
就職先の年上の女性スーザンに一方的に恋をし、悩み、嫉妬し、
エスカレートする気持ちを抑えられず行動し、挫折を味わう・・・
といった感じです。

そして残酷で甘いラスト
それは美しく、そして悲しく衝撃的です。

この映画は、少年のどこにも持っていきようのない、
恋愛感情を見事に描き切っていると思います。

主演している少年ジョン・モルダー・ブラウンと、
年上の女性ジェーン・アッシャーも私にとってはちょっと興味深く、
どちらも英国を代表するアイドルでした。
ジェーン・アッシャーは
ポール・マッカートニーの婚約者だったこともあるので
ご存じの方も多いのでは?

それにしても、この映画の色彩は独特で、
ため息がでるほど綺麗ですよ

雪の中でのスーザンの黄色いコート、赤い車、プールのブルー、
壁の緑や赤、そしてラストシーンの赤。
それに対して、舞台となるプールは
思い切り老朽化していて薄汚くしている。

この対照的な色彩設計が、
冷え冷えとした空気感を生みだして良かった。

特に水中シーンは、生々しく美しい

こればかりはDVDを実見して感じていただくほかない(  ̄ー ̄)ノ
 
また、映画の中で度々流れるのがCANの"Mother Sky“

画像


これらが衝撃的なまでに
この映画にはまっていて、
私はおもわずCDまで
買ってしまった



たまに良い映画に出会えると、とても幸せな気分になります
気になった方は、チェックしてみてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ゆうの「良いのでは!?」 avancer-vivre/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる