avancer-vivre

アクセスカウンタ

zoom RSS 須藤理弓の今日もいっぱい!いっぱい!

<<   作成日時 : 2012/01/06 20:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FILE#219 年明け早々の刺激に!

 Riyumi Sudo
  趣味:ショッピング、映画鑑賞








今年は、お正月2日からお仕事だったのに、
頭と体がついていかない・・・
未だに何だか「ぼ〜〜っ」としています!
みなさんは、どうですか?

私みたいに中々エンジンがかからない方、
頭と心にいい刺激になる映画が1月7日から公開になりますよ

画像「エル・ブリの秘密 
 世界一予約のとれないレストラン」
というタイトルのこの作品は、
スペインのカタルーニャ地方にある
レストラン「エル・ブリ」の
厨房の様子に密着した
ドキュメンタリー。

「世界のベスト・レストラン50」で
過去、5回世界一に選ばれているこのレストランには、
年間およそ200万件の予約があって、
その中で実際に「エル・ブリ」の食事を味わえる人は、およそ8000人

この素晴らしいレストランで修業をしたいと
世界中から5000人もの応募があって、
実際に選ばれるのは、40人ほど。

食事を食べるにも提供するスタッフになるのも簡単にはいかない。
そんな人気店「エル・ブリ」の秘密が
この作品の中に描かれているのですが、
秘密の原点はいたってシンプル。

「創造性と努力」。

オーナーシェフのフェランは創造することに妥協をゆるさない

創造することに手間暇を惜しまない・・・
というかものすごく時間を費やして、
納得いくものしかお客様に提供しない。

「エル・ブリ」の料理は、全てコース料理として決まっていて、
その中の料理の数はとても多く、
40皿以上になることもあるんですって

それに毎シーズン、メニューを一新するため、
同じ料理は二度とテーブルに運ばれることはないんだそう。

独創的な料理を生み出し続ける為に
レストランを半年のみの営業にして、
残りの半年間は新しいメニューの開発に力を注いでいるんです。

プロ中のプロというべきこのお店は、
残念ながら昨年の7月にレストラン業務を終了したんですが、
現在は「料理研究財団」に変わり、
さらに料理の発展に力を注いでいるようです。

こんな手に届かないような「エル・ブリ」の厨房の中は、
一般の私達の日常生活や仕事に役立つヒントがいっぱい

オーナーシェフの「創造する力は日々の積み重ね」という言葉に
「基本はやっぱりコレかぁ〜。」と再認識させられました。

でも、日々考える力を養っていけば可能性や夢が広がる
自分が流した汗、涙、努力が形になる
自分次第で何もかも変る、変えられる
そんな希望がもてる作品です。

新年、気合が入る一作ですよ〜〜〜〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

須藤理弓の今日もいっぱい!いっぱい! avancer-vivre/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる