avancer-vivre

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆうの「インカの都へ」1

<<   作成日時 : 2011/11/15 16:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FILE#40 ゆう





         Yuu
          趣味/特技:食べ歩き、ロハスに生活すること!






先日、前々から行きたかった南アメリカへ行ってきました

時間があれば南アメリカ全てを旅したかったのですが、
今回はとりあえずペルー、ボリビア、ブラジル(アマゾン)を
ふらり巡ってきましたヾ(〃^∇^)ノ

ペルー、ボリビアの今季節は、
春から初夏にむかっているところなので、
想像以上に過ごしやすい毎日でした

おまけに観光シーズンからも外れていたので、
静かにゆっくりと見て廻ることができましたよ

画像ここの見所は、よくツアーガイドで
謳われているような、
クスコやマチュピチュ遺跡
プーノ・ラパスはもちろんのこと、
他にも街外れに残る
多くのプレインカ・インカ帝国の
画像遺跡・砂漠地帯・大草原地帯
標高6,000mを超える山々に
アンデス山脈と・・・
全てをみて廻るには
時間がいくらあっても
足りないくらい

その中でも私が魅了されたのは、
純血のアイラマ(インディアン)の人たち

彼らはペルー、ボリビア両国にわたって
未だに150万人は住んでいると云われているのですが、
とても知的で控えめな性格を持ち、
多く人は小さな頃から学業兼自給自足的な農業・牧畜・織物を営んで
暮らしているんです。

画像私はチチカカ湖のアイラマ集落
(芦の茎でつくられた)に
お邪魔することが出来たのですが、
そこで彼らと会話したり・
食事を一緒に作ったり
アイラマの歴史を教えて頂いたりと、
とても貴重な体験が出来ました


また彼らの民族衣装が、カラフルで可愛いいんです
画像







画像






これらはアチャアルタと言われる民族衣装なんですが、
子供から男性・女性まで色とりどりの民族衣装を身にまとっています。

これらは牧畜のアルパカやリャマ・羊などの毛を使って織るのですが、
その前に毛を洗い、草木染めし、干して、
糸巻きをしてと、多くの作業があります。

ここまで柄や色の凝った織物を見たのは初めてだったので、
私は半日間ずっと彼らの織物作業を見て、
技術の素晴らしさに感動し続けていたのでした

(つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ゆうの「インカの都へ」1 avancer-vivre/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる