avancer-vivre

アクセスカウンタ

zoom RSS 須藤理弓の今日もいっぱい!いっぱい!

<<   作成日時 : 2011/09/22 14:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FILE#188 田んぼアート 収穫祭

 Riyumi Sudo
  趣味:ショッピング、映画鑑賞




先週の土曜日は、
安城市 ふれあい田んぼアート2011の収穫祭(稲刈り)
に参加してきました

画像

この田んぼアートは、
色などが違ういくつかの種類の稲を使って、
田んぼに絵やメッセージを描くもので、
5月の田植え時にも参加させて頂きました




その時植えた苗が育って、収穫の時期となったのです。

私は今年「ふれあい田んぼアート」に
初めて参加させて頂いたんですが、
安城産業文化公園の近くにある田んぼで
田んぼアートが行われてもう数年が経つそうです

毎年、かかし、機関車、宝船など様々なものが描かれてきましたが、
今年は、東日本大震災で被災された東北の方へ
「いつかいっしょに笑おう」というメッセージと日本列島が描かれました。
画像

東北地方の部分をハートでかこって
「東日本」と入れてあります




田植えの時は、メッセージが描かれていない
簡単な背景の部分を担当させて頂きましたが、
稲刈りでは、東日本という文字が描かれている
ハートの中をやらせてもらいました

私の実家が兼業農家でお米を作っているので、
幼い時からその様子を観てきましたが、
実際にカマで稲を刈るのは初めてでした。

画像
おっかなびっくりカマを動かしてみた所、
思った以上にサクサクッ〜っと
そんなに力をいれなくても
簡単に気持ち良く刈れて、
一緒に参加した
Pitch−FMの青木ディレクターと
無心になって稲を刈ってました。


途中で雨が降ってきたけど、
その雨が気持ちよく感じるぐらいいっぱい汗をかきながら、
みんなでひたすら刈りました。

小さい子どもたちもいっぱい参加していて、
雨の中、みんな真剣に稲刈りしてました。

子どもから大人までの参加者と
スタッフの方達が一丸となって行った田んぼアート。

今回の稲刈りでこのアートは消えてしまったけど、
みんなの心に残って、ずーっと消えないと思います

そして多くの人の思いが東北に届き、
大きなエネルギーになります事を願っています。

みんなと何かのために一丸となって汗をかいて、
一人の力は微力だけとみんなの力が集まれば
できる事はいっぱいいっぱい広がって、
可能性は無限大になる事を実感しました。

そう実感したのは私だけじゃないと思う。

この気持ちや力をみんなで今後、
それぞれの方法で活かしていけたらいいなぁ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

須藤理弓の今日もいっぱい!いっぱい! avancer-vivre/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる