avancer-vivre

アクセスカウンタ

zoom RSS 須藤理弓の今日もいっぱい!いっぱい!

<<   作成日時 : 2011/08/15 22:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

FILE#177 チャレンジする事

 Riyumi Sudo
  趣味:ショッピング、ファッション研究、映画鑑賞






この間の週末、岡崎のイオンモールで
2日間に渡って行われたavexのキッズコンテスト
「キラット☆エンタメ チャレンジコンテスト」
の中部予選のMCをしてきました

3歳から中学生までのキッズ達
500名近くが出場したこの中部予選は、
1次審査に合格したキッズ達が、
2日目の2次審査に出場できるというシステム。

2次審査では、10月に東京で行われる決勝に
進む事ができる数名が選ばれました

1次審査と2次審査の合否は公開で行われたので、
出場した子たちの喜ぶ姿、がっかりする姿など、
いろんな表情をみた2日間でした

プロになる夢をもってチャレンジするコンテストだけど、
もうすでにみんな気持ちはプロフェッショナルでした。

挨拶はしっかりしてるし、
2次審査合格者発表後のインタビューで
決勝への意気込みを聞いた時、
自分の信念をしっかりと語れた子がほとんど。

残念ながら合格者として名前を呼ばれなかったキッズ達は、
最後に審査員の先生の元に集まって、
真剣にアドバイスを聞いていましたが、
その時のキッズ達の目にものすごい力を感じたので、
彼らは絶対に次のチャレンジにつなげていけると思う。

このコンテストの会場で度々流れていた
「キラット☆エンタメ チャレンジコンテスト」の映像で
SEAMOさんがコンテストに参加したキッズに
チャレンジすることの大切さに関するメッセージを送ってましたが、
このコンテストの趣旨でもある「チャレンジする事」って
本当に大切だと思う

前にも書いたけど、私はラジオDJになりたくて
あるFM局のDJコンテストに何回も何回も応募したのです。

1回目のチャレンジ、2回目のチャレンジ・・・と
チャレンジする毎に学ぶことが沢山あって、
その積み重ねで今があります。
その積み重ねを自分が一番わかっているはずなのに、
忘れちゃうんだな。
たまにゼロ地点にもどっちゃう
あかんな〜〜〜。

「キラット☆エンタメ チャレンジコンテスト」中部予選から
決勝に進むキッズ達は、
2日目の2次審査の後に発表された合格者に加えて、
すべての会場での審査が終わった後、審査員の方達が再度、
予選の模様をVIDEOで観て、
新たに決勝に進める人を決めたりするんですって

だから、まだまだチャンスはあるんです

たくさんのチャンスがあるこのコンテスト、
まず、挑戦する事に大きな意味があると思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

須藤理弓の今日もいっぱい!いっぱい! avancer-vivre/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる